HOME (Japanese Page)‎ > ‎組織‎ > ‎総会‎ > ‎

第二回総会 議事録

日時: 2004年3月12日 16:30~17:30

場所: 京都大学 学術情報メディアセンター4F セミナー室2

出席者(敬称略) 会長 : 津田
幹事 : 渡邉, 坂上, 岡部, 岩下, 妹尾, 秦, 石黒
正会員 : 荻野, 林, 末広, 村井, 坂田
準会員 : 浅岡, 北脇

資料:
  「平成15年度HPF推進協議会総会 議事次第」
  「平成16年度事業計画」

議事

1. 会長挨拶

2. 議長指名

3. 各種報告
  ・ 新規人事 (新幹事)
  ・ 会計報告

4. これまでの HPFPC の活動報告

5. 2003年度活動報告

(1) 講習会, ワークショップ, セミナーを開催あるいは協賛

(2) その他の活動 6. 2004年度事業計画

  1) HPF ユーザの利用支援

   ・ ユーザコードの HPF 化支援
   ・ 会員の計算機使用料の補助
   ・ HPF 教育・演習システムの支援

2) HPF 講習会及びワークショップ開催

   ・ 講習会
   ・ ワークショップ

3) ウェブ上での公開

   ・プログラミングガイド
   ・FAQ

4) その他

  ・計算機言語の動向調査 ・競争的資金への応募
  ・研究論文の出版支援

 7. コメント等
・HiWEP 開催について

- 次回(2005年5月?)の ISHPC の併催として HiWEP を開催したい。16年度の 半ばにはプログラミング委員会を立ち上げ、準備を始める。
- 次年度総会も同時に開催する。

・講習会とワークショップについて

核融合研での講習会の際に行われたディスカッションは、次バージョンのコ ンパイラにおいて多くの改善がなされるきっかけとなり、大変有意義であっ た (渡邉幹事)

・HPF 化の支援について

- 核融合研の共同研究先に声を掛ければ、何件か要求があると思われる。 (石黒幹事)
- 既存のコードを HPF で並列化できるかを判定する方法(テンプレートのよ うなもの?)があると良い (荻野) 
→ typical なコードを提供してもらえればやってみる (村井)

・新規アプリケーションの選択について

- ESC が進める連結階層シミュレーションでも HPF が有効であると期待す る (渡邉幹事)
- 新しい(重要な)コードを HPF 化し、世界にアピールする必要がある。 (妹尾幹事)
- 佐竹氏の VPP-Fortran コードはどうか? また、物理的な成果を得られる ものが重要 (坂上幹事)
- AMR(Adaptive Mesh Refinement)コードや開放系粒子コードを HPF 化でき ると良い (渡邉幹事)

以上

Comments