並列Fortranに関するシンポジウムのご案内(第5回)

「並列Fortranの現状と展望」
~Fortranはどこへ向かうのか?~

<開催趣旨>

御好評いただいている高性能Fortran推進協議会主催の並列Fortranに関するシンポジウム,第1回:Fortranは絶滅危惧種なのか?(20158月),第2回:Coarrayは救世主なのか?(20166月),第3回:現代化か肥大化か?(20176月),第4回:Pythonは味方なのか?(201812月)に引き続き,本年も第5回を開催致します.

近年,Fortranの知名度や人気が低下していることは,否定できません.その一方で,Fortran規格は,科学技術計算における地位を保ちつつ,現在も着実に機能拡張や現代化が図られていますが,ユーザやコンパイラベンダを置き去りにして,ずんずん進んでいる印象があります.今後,Fortranの将来がどうなるのかと不安に思っている方も多い今日この頃かと思いますが,時宜にかなったことにFortran規格を議論するISO/IEC Fortran Committee WG5国際会議が201985日〜9日に東京で開催されます. 

そこで,この機会を有効に活用すべく,WG5の前議長であるJohn Reid氏と現議長であるSteve Lionel氏に,Fortranの将来についての講演をお願いしたところ,快諾いただけましたので,本シンポジウムを企画しました.まず,WG5に深く関わっておられる高田教授には,Fortran規格の発展と日本の果たした役割について概観いただきます.そして,John Reid氏には,Coarrayに焦点を絞って御講演いただき,Steve Lionel氏には,Fortran 202X全般について御講演いただきます.最後のフリーディスカッションでは,両氏からの御意見を直接伺える機会を提供致しますので,本シンポジウムに御参加いただき,活発に御議論していただければと存じます.

なお,フリーディスカッションの時間は限られているため,将来のFortranには「こんな機能が欲しい」や「こんな機能は必要ない」等の御意見・御要望や「Fortran 202Xが確定するのはいつ頃なのか」等の御質問は,前もって両氏にお伝えし,その御回答を議論の切っ掛けにしたいと思いますので,積極的に御連絡いただくよう,よろしく御願い致します.また,英語での御講演には,逐次通訳(注:同時通訳ではない)を実施しますので,英語の苦手な方も,ぜひ本シンポジウムへの御参加を検討いただければ幸いです.

<日程・場所>

日時:      201982日(金)13:00 - 17:30
場所:      東京大学情報基盤センター1階 103講義室(東京都文京区弥生2-11-16)
アクセス:    本郷地区浅野キャンパス内
                          交通アクセス      拡大マップ(PDF)

<主催>

高性能Fortran推進協議会 (HPFPC)

<共催/協賛>

共催:自然科学研究機構 核融合科学研究所
   東京大学 情報基盤センター
   理化学研究所 計算科学研究センター
協賛:大阪大学 サイバーメディアセンター
   京都大学 学術情報メディアセンター
   公益財団法人 計算科学振興財団
   神戸大学 計算科学教育センター
   情報処理学会 情報規格調査会
   筑波大学 計算科学研究センター
   東北大学 サイバーサイエンスセンター
(50音順)

<参加登録>

申込み: 申し込み受付は終了しました。(2019年7月19日)
参加費: 無料(意見交換会を除く)
定員:  60名
〆切:  申込みは7月19日,御意見・御要望・御質問は7月5日まで

<プログラム> プロの通訳者による英和逐次通訳を実施します

 12:30  受付開始
 13:00  開会

 13:05
     |
 13:30


 日本における Fortran 規格化の歴史

 高田  正之
 江戸川大学メディアコミュニケーション学部情報文化学科・教授

 最初期から最新に至る国際規格とそれに対応する国内規格(JIS)との関係,Fortran 90 への各国語対応の提案など,日本の絡んだ歴史を概観する。

 13:30
     |
 14:45


 Coarrays in Fortran 2008 and Fortran 2018

 John Reid, Former Convenor of ISO/IEC Fortran Committee WG5

 Coarrays were invented by Robert Numrich in 1997 and provide a simple user-friendly way of expressing parallelism. They entered the Fortran Standard as part of Fortran 2008.  We will begin by summarizing this part of Fortran 2008.  It is based on a single program being copied to a number of “images”, which may be cores or nodes or something else.

 Several features were omitted to avoid a large addition to the language and a comparable set was adopted for inclusion in Fortran 2018. Of particular note are the following:

1. Teams, for independent execution of different parts of the computation,
2. Collectives, for collaborative calculations such as summing over all the images,
3. Events for coordinating calculations on different images, and
4. Support of continued execution in the presence of failed images, important now that the number of images may be huge.

 We will explain all these features. It was support for continued execution in the presence of failed images that was the most difficult to design.


 休憩

 15:00
     |
 16:15


 Fortran Today and Fortran Tomorrow

 Steve Lionel, Convenor of ISO/IEC Fortran Committee WG5

 Steve Lionel, current Convenor (chairperson) of the International Fortran Standards committee (ISO/IEC JTC1/SC22/WG5) and a former Fortran compiler developer, will explain the major new and changed features in Fortran 2018. He will then present some of the features and changes being discussed for the next revision of the Fortran standard, currently called "Fortran 202X". Questions from the audience will be welcomed.

   休憩

 16:30 -
  17:25

 フリーディスカッション

 17:30  閉会

 18:00 -
  20:00

 意見交換会

<意見交換会について>

場所:民の幸(東京メトロ根津駅すぐ)
  :東京都台東区池之端2丁目5-28(03-5834-2590)
  :http://taminosachi.com/
会費:一般 3,000円,学生 1,500円.
 
お申込みは,シンポジウムの参加登録時にお願いします.変更はメールで受け付けます.
会費は,シンポジウム会場の受付けでお支払いください. 


<メール窓口>

シンポジウムとお申込みに関するお問い合わせ
フリーディスカッションで取り上げて欲しい,Fortran規格やCoarrayに関する御意見・御要望・御質問
hpfpc-sympo at googlegroups.com   ※at を @ に変える