HPFトランスレータ: fhpf

特徴

fhpfは、HPFプログラムを入力として、Fortranプログラムコードを出力する、 ソース-to-ソースのコンパイラ(トランスレータ)です。出力コードには MPI1.1 APIに準拠したMPIライブラリの呼出しが含まれます。

fhpfの出力は、ハードウェアやFortranコンパイラやMPIライブラリの種類に依 存しません。任意のFortranコンパイラを使って翻訳し、任意のMPI環境の上で 実行することが可能です。

動作環境

fhpfには、Linux版とSolaris版があります。

fhpfを使ってFortranプログラムを作成する手続と、生成したFortranプロ グラムから実行可能ファイルを作成する手続を、ここではそれぞれ、HPF翻訳、 Fortran翻訳と呼びます。HPF翻訳、Fortran翻訳、および、プログラムの実行 は、それぞれ別々の計算機で行うことも可能ですし、同じ計算機で行うことも 可能です。

  • HPF翻訳のための環境
    HPF翻訳を行うには、fhpfをインストールして使用します。fhpfをインストー ルする計算機は、以下の条件を満たす必要があります。

    Linux版 Solaris版
    CPU Intel IA32系 SPARC系
    オペレーティング
    システム
    Linux カーネルバージョン
    2.4以降
    Solaris 7 (SunOS 5.7)
    またはそれ以降
  • Fortran翻訳のための環境
    Fortran翻訳は、通常のMPIプログラムの翻訳と同じです。MPI呼出しを含む Fortranプログラムが翻訳できる環境を用意する必要があります。使用する FortranコンパイラはFortran90仕様をサポートしたものが望ましいですが、 FORTRAN77仕様がサポートされていれば制限付きで利用可能です。MPIは、 MPI1.1の仕様範囲を満たしていれば十分です。
  • 実行のための環境
    プログラムの実行は、通常のMPIプログラムの実行と同じです。Fortran翻訳時 に結合したMPIライブラリが動作する環境を用意する必要があります。fhpfに 付属するソフトウェアは、すべてHPF翻訳環境のためのものであり、実行のた めの環境にインストールしなければならないものはありません。

配布

fhpfのダウンロードサービスを行っています。 詳しくは、こちらをご覧ください。

関連資料